免疫介在性疾患

免疫介在性疾患の治療(壊死性脳炎、溶血性貧血、血小板減少性、脂肪織炎、天疱瘡、耳血腫など)
自己免疫性疾患は対症療法だけでは体調の維持が難しくなります。免疫抑制治療によって症状を抑えるだけでは、免疫力がさらに弱まり病態が悪化してしまうからです。加えて度重なる免疫抑制薬の副作用も、免疫や臓器を蝕み続けます。
当院では体質改善により炎症を抑えながら、免疫力を回復させることで免疫疾患を改善することを目指します。

ステロイドを多量に使用していた症例では、依存が抜けるまで最低限のステロイドが必要なケースもあります。その場合も免疫抑制で症状を抑えながらも、漢方薬で免疫力を回復させることで、症状を改善しながら減薬を目指します。

参考ブログ

免疫性疾患

脂肪織炎/天疱瘡の治療(ステロイド未使用)

  • 脂肪織炎/天疱瘡の治療

  • 脂肪織炎/天疱瘡の治療

  • 脂肪織炎/天疱瘡の治療

  • 脂肪織炎/天疱瘡の治療

  • 脂肪織炎/天疱瘡の治療

  • 脂肪織炎/天疱瘡の治療

  • 免疫介在性溶血性貧血の治療

    • 免疫介在性溶血性貧血の治療

      免疫介在性溶血性貧血の治療

    • 免疫介在性溶血性貧血の治療

      免疫介在性溶血性貧血の治療

  • 免疫介在性溶血性貧血の治療

    • 免疫介在性溶血性貧血の治療

      免疫介在性溶血性貧血の治療