ブログ

化膿性肉芽腫性脂肪織炎で治療しているちくわちゃん【今日の診療】
2020/01/10
ブログ

ヨークシャーテリアとフレブルのミックスのちくわちゃんです。

今日年末に急性肝炎で入院治療したかと思えば、皮下にしこりができてしまい、調べた結果脂肪織炎の脂肪織炎が高く、西洋医学治療ではずっとステロイド治療が必要のなので、かかりつけの先生が紹介してくださいました。

急性肝炎も、脂肪織炎も、免疫が弱って異常な炎症を起こしていることが原因なので、ステロイドや免疫抑制剤で余計に免疫を壊してしまうと、肝炎も脂肪織炎も悪化するどころか、また他の病気のリスクをもかかえることになります。

まだ1歳8ヶ月と若いので、ここで漢方薬でしっかり原因を治すか、
ステロイドや免疫抑制剤で誤魔化して免疫を壊してしまうかで、
運命の分かれ道といっても過言ではないと思います。

ちくわちゃんは、3週間漢方薬をしっかり飲んでくれたので(ステロイドも使っていなかったので)、2つのうち1つは消失し、残る1つも小豆大くらいに小さくなってくれました。
それも消失すれば漢方薬も徐々に減らしていく予定です。

体の炎症さえコントロールできれば、肝炎も再発することはないし、他の病気も予防にもなります。


一覧に戻る