ブログ

今日の診療(フレブルの若齢性アトピーで治療のうずらちゃん)
2020/01/06
ブログ
フレブルの若齢性アトピーで漢方薬治療しているうずらちゃんの紹介
IBDで治療していた先代の子(ララちゃんのインスタグラム)が心不全で亡くなり、新しい子を迎えたのでお顔をみせにいらっしゃったと思たのですが、
4ヶ月齢のうずらちゃんは、すでにアトピーで皮膚や耳が赤くなったり、フケが出て体が痒くいとのことで、
明らかに体のバランスが悪く、さっそく漢方薬で体質改善することにしました。

フレブルは特に多いですが、若い子でも体質や免疫力が弱くてアトピーになる子はいます。
しかし、成犬になるまでの、体や免疫を作らなければいけない大事なときに、ステロイドや免疫抑制剤、アポキルで免疫や臓器を痛めつけると、体質は更に悪化し、ただでさえ弱い免疫はうまく育たず、それゆえ将来病気のリスクをたくさん抱えることになります。

逆に今のうちに、体質改善をし、免疫を治してしっかり育つようにしておけば、生まれつき弱い子でも安心して過ごせるようになるのです。

フレブルの若齢性アトピーで漢方薬治療しているうずらちゃんフレブルの若齢性アトピーで漢方薬治療しているうずらちゃん

一覧に戻る