ブログ

犬の慢性腎不全で漢方薬治療しているリエちゃん
2021/03/02
ブログ
東洋医学では、腎は生命力の源であり、この衰え(腎虚)が寿命を決めると考えます。

なので、個体差はありますが、高齢になるにつれて自然に腎虚は進行し、とくに高齢の子では、一度数腎臓の値が上ってくると、そのまま腎不全が進行していきやすいです。

13歳のリエちゃんも、以前よりジワジワ腎臓の数値が上昇してきたので、このまま進行していかないように漢方薬治療をはじめました。

同時に、もともと皮膚炎やドライアイも持病としてもっており、そちらも一緒に治療しています。炎症もまた腎不全を悪化させる要因になるからです。

少なくとも数値が悪化していかないことを目標に、漢方薬治療して8ヶ月ほどですが、腎臓が悪化しやすい寒い時期には少し悪化してしまいましたが、暖かかくなってきて少し改善がみられ、うまく維持できているのではないかと思います。
暖かくなってこのまま改善してくれればなぁというところです。


一覧に戻る