ブログ

犬の咀嚼筋炎と腎不全、心不全で漢方薬治療をしているべんけいちゃん
2020/07/07
ブログ


この時期は病気が悪化することが多いです。
夏の暑さによって、体のバランスが崩れること、
また気圧が不安定になることで(参照ブログ;天気による体調への影響)血圧や自律神経の不安定になるからです。

べんけいちゃんも、アトピーや腎不全は安定していたのですが、遊んでいる最中に急に口を開くことを痛がるようになり、ボールをくわえることができなくなってしまいました。
これは顎の筋肉(咀嚼筋炎)に炎症がある兆候で、免疫疾患の兆候です。
もともとアトピーがあり、漢方薬治療で体のバランスをとっていたのですが、急に暑くなり体のバランスが崩れたと考えられました。
咀嚼筋炎は西洋治療では、ステロイドや免疫抑制剤しか治療法がなく、一生飲み続けないといけなくなることが多いですが、
べんけいちゃんの場合は、すぐに漢方薬のバランスを変えて、体のバランスを整えることにしました。
そのおかげで少しずつ症状は改善し、1週間もかからずに、再び痛がることもなく、物を咥えることができるようになりました。
(ただ、発症の時に遊んでいたボールはいまだに嫌がるそうです^_^)

去年アトピーで荒れていたお腹はもちろん綺麗で、
腎臓の数値も安定しています。

心臓も天気の影響か、最近フラつきが増えていましたが、この間した整体でまた調子いいようです(^^)



べんけいちゃんのインスタ


2019.12月のインスタ

一覧に戻る