ハルペッツクリニック神戸

漢方薬治療専門動物病院
ハルペッツクリニック神戸

 

〒650-0003
神戸市中央区山本通1-7-3里見ビル1階
Tel 078 862 3883 / Fax 078 862 3884
 
ハルペッツクリニック神戸
 
 
 
 
 
 

漢方薬治療専門動物病院
ハルペッツクリニック神戸

 
 
  
〒650-0003
神戸市中央区山本通1-7-3里見ビル1階
Tel 078 862 3883 / Fax 078 862 3884
HOME | 治療の方針

自己免疫疾患の治療(脂肪織炎、筋炎、天疱瘡、溶血性貧血、血小板減少性など)

自己免疫性疾患は対症療法だけでは体調の維持が難しくなります。免疫抑制治療によって症状を抑えるだけでは、免疫力がさらに弱まり病態が悪化してしまうからです。加えて度重なる免疫抑制薬の副作用も、免疫や臓器を蝕み続けます。
当院では体質改善により炎症を抑えながら、免疫力を回復させることで免疫疾患を改善することを目指します。
ステロイドを多量に使用していた症例では、依存が抜けるまで最低限のステロイドが必要なケースもあります。その場合も免疫抑制で症状を抑えながらも、漢方薬で免疫力を回復させることで、症状を改善しながら減薬を目指します。
脂肪織炎/天疱瘡の治療例(ステロイド使用せず)

犬の脂肪織炎の漢方薬犬の脂肪織炎の漢方薬治療経過経過
犬の脂肪織炎の漢方薬治療経過
犬の天疱瘡の漢方薬治療経過
犬の天疱瘡の漢方薬治療経過
犬の天疱瘡の漢方薬治療経過
※クリックで拡大
免疫介在性溶血性貧血の治療例( ※ブログ参照
犬の免疫介在性溶血性貧血の漢方薬治療経過

 

アトピーやアレルギーなので治らないと診断された症例でも、漢方薬で体質と免疫を整えれば改善できる例は少なくありません。
現在、皮膚のケアや食事療法、分子標的薬など症状を抑える治療の選択肢は増えてきましたが、体の中にある原因と向き合い、治療する選択肢は限られます。アレルギー体質のままでは、抗原を避けたとしてもまた抗原に対して反応を示すようになり、次第に食べ物も行動範囲も限られるようになります。また、弱った免疫と体質を放置するばかりかさらに痛めつけてしまうことは、より重大な免疫疾患を招くことになります。
我々の治療では、症状をただ隠してしまうのではなく、病気を引き起こす免疫・体のバランスあるいは精神的な原因を探り、向き合い、改善していくことを目指します。時間がかかってでもそこにある問題から目を背けず、ひとつずつ改善することが将来の健康、そして愛する動物たちをよりよく知ることにもつながると考えています。
 

アレルギーコップによる治療イメージ
アレルギーコップと漢方薬治療
 
 
 
 
 
アレルギーの原因は、検査では把握できない体の内面の問題が大きな割合を占めることが多く、それらを体の中から改善することで、効果的に発症を防ぐことを目指します。
 
 
皮膚炎の治療例
柴犬の皮膚炎の漢方薬治療
柴犬の皮膚炎の漢方薬治療
柴犬の皮膚炎の漢方薬治療
トイプードルの皮膚炎の漢方薬治療
トイプードルの皮膚炎の漢方薬治療
フレブル皮膚炎の漢方薬治療
フレブル皮膚炎の漢方薬治療
フレブル皮膚炎の漢方薬治療
コッカー外耳炎の漢方薬治療
コッカー外耳炎の漢方薬治療
コッカー外耳炎の漢方薬治療
ジャックラッセル皮膚炎の漢方薬治療
ジャックラッセル皮膚炎の漢方薬治療
ジャックラッセル皮膚炎の漢方薬治療
猫の好酸球性肉芽腫の漢方薬治療
猫の好酸球性肉芽腫の漢方薬治療
猫の好酸球性肉芽腫の漢方薬治療
犬の脱毛症の漢方薬治療
犬の脱毛症の漢方薬治療
犬の脱毛症の漢方薬治療
猫の顎下皮膚炎の漢方薬治療
猫の顎下皮膚炎の漢方薬治療
猫の顎下皮膚炎の漢方薬治療
 
※クリックで拡大

 

IBD、蛋白漏出性胃腸症、慢性嘔吐などの治療

消化器疾患は、検査数値や画像診断で得られる結果は、あくまで問題の結果生じる一つの側面でしかありません。 当院では漢方薬治療に限らず、ただ症状を抑えるのではなく、診療や嘔吐や下痢のタイミング、色、匂いなどを手がかりに、問題の場所や機能がどこにあるのか把握することを最も大切にしています。免疫抑制や制吐剤 / 止瀉剤によって、体の問題を放置したまま症状を押さえ込むことは、胃腸粘膜を傷つけ炎症の原因となり、その炎症が IBD やリンパ管拡張症といったさらに重篤な病態に発展してしまうからです。
ただ炎症を抑えるのではなく、炎症の元となる原因を改善することを目指します。
他の炎症疾患と同様に IBD などの炎症を抑えることも漢方薬治療の優れた特徴ですが、胃腸機能を整えることも漢方薬の得意な分野です。
 
IBD(蛋白漏出性腸症)の治療例( ※ブログ参照

腎不全の治療

直接腎機能を高めてくれることが漢方薬の特徴です。漢方薬で腎機能を助けることで、腎数値にも関わらずQOLを回復する例は少なくありません。
東洋医学では腎に対する概念は広く、腎の衰え(腎虚)を体の兆候から早い時期から捉え、積極的に治療することも可能です。
早期の治療では点滴することなく腎機能を回復、長期間の腎機能の維持させ、重篤な腎不全になってからでも、腎機能を助けることで吐き気や食欲不振、発作といった辛い症状を緩和することを目指します。

肝不全、胆嚢疾患の治療

臓器に働きかける漢方薬は、肝機能を高めるだけでなく、肝臓に負担をかけずに炎症を抑えることも可能です。西洋の治療では悪化する一方だった症例も改善していくことが少なくありません。また胆泥を溶かし、胆汁の流れを促す機能も漢方薬の特徴です。
 
慢性肝炎の治療例( ブログ参照
慢性肝炎の漢方薬治療

がん・良性腫瘍の治療

時間に対する捉え方が異なる動物たちの治療では、QOL(生活の質)を確保する優先度が高いと考えています。動物たちの意識では、過去や未来はなく「今」この瞬間が全てだからです。ゆえにご家族と一緒に日常を過ごしながら、副作用で苦しむことなく安心して治療できる漢方薬治療は動物たちにも合っていると感じています。
また、「がん幹細胞」は抗がん剤に効かずいつまでも生き残り、再発や転移の原因になると言われています。ゆえに体調を整えながら免疫を上げ、継続できる治療が必要です。
動物医療において、体の拒絶反応を巧妙に避ける抗がん剤は「副作用がない」と説明されることも増えていますが、免疫や胃腸を始め、体への副作用は確実に動物たちに重くのしかかってきます。頻繁な検査も残された貴重な時間を費やしてしまいます。
少なくとも、治療による副作用で苦しみながら最後まで戦わせ続けるより、残された大切な時間を少しでも苦痛なく、ご家族との時間を有意義に過ごさせてあげたいと望まれる場合、我々の漢方薬治療はお役に立てると考えています。
 

 
 
出来物の治療例(口の疣、肛門周囲腺腫)
口の疣の漢方薬治療
口の疣の漢方薬治療
口の疣の漢方薬治療

口の疣の漢方薬治療
口の疣の漢方薬治療
口の疣の漢方薬治療

肛門周囲腺腫の漢方薬治療
肛門周囲腺腫の漢方薬治療
肛門周囲腺腫の漢方薬治療

 

慢性化した目の炎症やドライアイ、緑内障などの治療

皮膚の治療と同様、慢性化したり難治性の目の病気になる子は、体質の偏りや免疫力の低下など体の問題が背景にあります。その場合、表面に現れる目の症状を治療するだけでは焼け石に水となり、治ったとしてもまた再発してしまいます。
当院では目の治療に並行して漢方薬による体質改善も同時に行うことで、難治性の目の疾患の治癒、そして再発の予防を目指します。
 
西洋医学の治療で治らなかった症例の治療例(SCCEDs/パンヌス)
犬慢性角膜上皮欠損SCCEDsの漢方薬治療
犬慢性角膜上皮欠損SCCEDsの漢方薬治療
犬慢性角膜上皮欠損SCCEDsの漢方薬治療

犬慢性角膜炎パンヌスの漢方薬治療
犬慢性角膜炎パンヌスの漢方薬治療
犬慢性角膜炎パンヌスの漢方薬治療

犬慢性角膜炎パンヌスの漢方薬治療
犬慢性角膜炎パンヌスの漢方薬治療
犬慢性角膜炎パンヌスの漢方薬治療