漢方薬治療専門動物病院
ハルペッツクリニック神戸

 

〒650-0003
神戸市中央区山本通1-7-3里見ビル1階
Tel 078 862 3883 / Fax 078 862 3884
 
 
 
 
 
 

漢方薬治療専門動物病院
ハルペッツクリニック神戸

 
  
  
〒650-0003
神戸市中央区山本通1-7-3里見ビル1階
Tel 078 862 3883 / Fax 078 862 3884
HOME | 治療方針/治療例 | 皮膚の疾患

皮膚の病気

アトピーやアレルギーなので治らないと診断された症例でも、漢方薬で体質と免疫を整えれば改善できる例は少なくありません。
現在、皮膚のケアや食事療法、分子標的薬など症状を抑える治療の選択肢は増えてきましたが、体の中にある原因と向き合い、治療する選択肢は限られます。アレルギー体質のままでは、抗原を避けたとしてもまた抗原に対して反応を示すようになり、次第に食べ物も行動範囲も限られるようになります。また、弱った免疫と体質を放置するばかりかさらに痛めつけてしまうことは、より重大な免疫疾患を招くことになります。
我々の治療では、症状をただ隠してしまうのではなく、病気を引き起こす免疫・体のバランスあるいは精神的な原因を探り、向き合い、改善していくことを目指します。時間がかかってでもそこにある問題から目を背けず、ひとつずつ改善することが将来の健康、そして愛する動物たちをよりよく知ることにもつながると考えています。
 

アレルギーコップによる治療イメージ
アレルギーコップと漢方薬治療
 
 
 
 
 
アレルギーの原因は、検査では把握できない体の内面の問題が大きな割合を占めることが多く、それらを体の中から改善することで、効果的に発症を防ぐことを目指します。
 
 
皮膚炎の治療例
柴犬の皮膚炎の漢方薬治療
柴犬の皮膚炎の漢方薬治療
柴犬の皮膚炎の漢方薬治療
トイプードルの皮膚炎の漢方薬治療
トイプードルの皮膚炎の漢方薬治療
フレブル皮膚炎の漢方薬治療
フレブル皮膚炎の漢方薬治療
フレブル皮膚炎の漢方薬治療
コッカー外耳炎の漢方薬治療
コッカー外耳炎の漢方薬治療
コッカー外耳炎の漢方薬治療
ジャックラッセル皮膚炎の漢方薬治療
ジャックラッセル皮膚炎の漢方薬治療
ジャックラッセル皮膚炎の漢方薬治療
猫の好酸球性肉芽腫の漢方薬治療
猫の好酸球性肉芽腫の漢方薬治療
猫の好酸球性肉芽腫の漢方薬治療
犬の脱毛症の漢方薬治療
犬の脱毛症の漢方薬治療
犬の脱毛症の漢方薬治療
猫の顎下皮膚炎の漢方薬治療
猫の顎下皮膚炎の漢方薬治療
猫の顎下皮膚炎の漢方薬治療
 
※クリックで拡大
犬顔面皮膚炎の漢方薬漢方薬
犬顔面皮膚炎の漢方薬漢方薬

まるちゃん 〜顔面皮膚炎の治療

2019/02/16 インスタグラム投稿

まるちゃんは、ただの皮膚炎でなく精神的な影響が強い皮膚炎でした。
体質や免疫を整えるだけではなく、行動治療も必要なので、難しい治療になりますし、ご家族方の協力も欠かせません。
 
薬だけで抑えるためには、精神にも作用するステロイドや、覚醒剤のような抗鬱剤など依存性の高い薬を使わなければいけません。
だからそういう薬に頼らないように、原因から治療するのは、漢方薬治療に限らず、我々の治療のコンセプトです。
 
まるちゃんは病院で興奮して顔が赤くなってしまいますが、お家ではきれいな顔をしています😉

 
犬皮膚炎の漢方薬治療
 
犬皮膚炎の漢方薬治療
犬皮膚炎の漢方薬治療
犬皮膚炎の漢方薬治療
犬皮膚炎の漢方薬治療

baronちゃん 〜趾間皮膚炎・趾間肉芽腫の治療

2019/02/12インスタグラム投稿

趾間、肉球間の皮膚炎で漢方薬治療のbaronちゃんです。
とても遠方までシャンプー療法通い、アポキルも飲んでいましたが、足の腫れも趾間の腫瘤状の炎症は治らず、メディカルシャンプー後はむしろ足がパンパンに腫れてしまうほどでした。
さらにら向精神薬まで進められ、恐くなって、当院で漢方薬治療を始められました。
 
漢方薬治療を始めて炎症を取りながら免疫を整えてからは、アポキルのリバウンドを乗り越えて、今ではすっかり綺麗になりました😉
 
炎症も、精神不安も、表面だけ治療するとなると依存性の高い薬に頼らざるを得なくなります。

犬皮膚炎の漢方薬治療
 
犬皮膚炎の漢方薬治療

 
 
 
 
犬皮膚炎の漢方薬治療

ミランちゃん 〜慢性皮膚炎・脱毛症の治療

2019/01/30フェイスブック投稿

頭が痒くて痒くて、床に擦り付けるのが日課だったミランちゃん。
体質改善で痒みはもう落ち着き、少しずつ毛が生えてきました。とくに、毛を生え薬は使っていませんが、体質を改善して、皮膚の状態をよくすれば、毛は生えてくることが多いです。逆に皮膚の状態が悪ければ、いくら毛生え薬を使っても生えないということです。

犬皮膚炎の漢方薬治療
   
犬皮膚炎の漢方薬治療

犬天疱瘡の漢方薬治療
犬天疱瘡の漢方薬治療

かりんちゃん 〜天疱瘡(SLE)の治療

2018/12/28 インスタグラム投稿

今年最後の投稿は、天疱瘡(SLE)で治療中のかりんちゃんです
とっくにステロイドは抜けたのですが、じわじわ改善し、もう少しで毛が生え揃いそうですが、もうちょっとがなかなか時間かかっています💦。ただ痒みなどはもうなく、日常生活に支障がないのでゆっくり治療しています😉
天疱瘡、IBD、アトピー、溶血性貧血などの免疫疾患は、免疫異常なので問題となる免疫を整えなければ治りません。ステロイドや免疫抑制剤でもどんどん悪化していくは、免疫異常を助長してしまうからです。そういうことに少しでも気づいてもらえれば幸いです😌

犬皮膚炎脱毛症の漢方薬治療
犬皮膚炎脱毛症の漢方薬治療

元気ちゃん 〜慢性皮膚炎・脱毛症の治療

2018/12/08 インスタグラム投稿

元気ちゃんは、以前の飼い主が飼えなくなっり引き取られた子です🐶
4ヶ月前に引き取られてすぐに当院にいらっしゃったころは、全身痒くて寝られず、脱毛も多く、痩せ細っていました😢
今では、漢方薬による体質改善と、新しい飼い主さまの愛情のおかげで、(元気になるようにと、名付けられた名前の通り)すっかり元気に、毛も生え、別人に生まれ変わりました
もちろん、ステロイドを飲まなくても痒みはもうなく、幸せに暮らしているそうです😊

 
犬趾間皮膚炎の漢方薬治療
 
犬趾間皮膚炎の漢方薬治療
犬趾間皮膚炎の漢方薬治療
犬趾間皮膚炎の漢方薬治療
犬趾間皮膚炎の漢方薬治療
 

はんなちゃん 〜趾間皮膚炎・趾間肉芽腫の治療

2018/10/30インスタグラム投稿

ワイマラナーのはんなちゃんも、繰り返す手足先の皮膚炎で診ています。
悪いときは、足全大が象の足のようにパンパンに腫れ、趾間には血豆のような腫瘤が多発していましたが、最近ではその腫れはほとんど引き、血豆は枯れ、元通りにシュッとスマートな足に戻っています😉
はんなちゃんの場合、免疫を上げ、炎症を抑える漢方薬治療はもちろん、心臓も弱かったので、血流を改善する漢方薬も併用することで、手足の腫れやむくみが改善しました😀
体はつながっているので、ひとつひとつの症状だけでなく、体全体を改善する視点が大切だと考えています。漢方薬はそういう治療にピッタリなのです🙂

猫肉球皮膚炎の漢方薬治療
 

カイロちゃん 〜肉球の炎症の治療

2018/10/25フェイスブック投稿

猫も肉球や肉球間の皮膚炎になることがあります😿
肉球が腫れて大きくなったり、破れて汁が出てきたりすることが多く、その場合はほとんどが免疫疾患で、膠原病や脂肪織炎、好酸球性肉芽腫といった診断がつきます。
免疫異常なので西洋医学では、ステロイドや免疫抑制剤でずっと抑え続けるしかありません。
漢方薬治療でも、ただ炎症を抑えるだけでは治らず、ぶり返すために、免疫を整える治療が必要になります。
免疫を整えれば、あちこちの肉球にぶり返しながらも、免疫が整うにつれて症状は軽減していきます。きっちりすべての肉球をローテーションしてから収束する場合もあります。
写真は今治療中のカイロちゃん。
何回かぶり返しながら、症状は軽減していき、今は肉球間に少し炎症がある程度です。
もう少しで落ち着いてくれるはずです

猫肉球皮膚炎の漢方薬治療
  
猫肉球皮膚炎の漢方薬治療